ペット保険の免責は…ペット保険_petclub.jp


ペット保険の免責は

ペット保険の免責は

ペット保険にも人間の保険と同様に、「補償対象にならない場合」が存在しており、これを免責と呼びます。保険は全てのトラブルにおいて保障などをすると悪用されるケースも多く、ペット保険であっても例外ではありません。特に虚偽の申請、保険適用外の疾病に対する治療などにおいては厳密に定められており、一つでも該当する場合は保険の適用はされないと判断され、給付が下りなくなってしまうため、まずは資料請求などの際に免責事項についてもしっかり確認し、該等ケースに当てはまることのないよう注意しておきましょう。

免責となる理由として各社、団体で共通しているのは「飼い主の故意によるペットの傷害(虐待)」、「飼い主の過失による怪我(明らかに怪我のしやすい環境に住まわせていたなど)」「接種義務のあるワクチンによる副作用によるもの」「曲芸目的などの訓練による怪我」「先天性疾病」「狂犬病(狂犬病ワクチンは法律により接種する義務があります。)」などで、主に「明らかに飼い主に原因がある」場合では保険の適用はされないようになっています。また、免責となる可能性の高いものとして「出産が原因による疾病、帝王切開などの出産手術」「去勢手術」「災害による怪我」等がありますが、こちらはペット保険を取り扱う保険会社、団体によって違いがあり、特約の追加によって免責では無くなる場合もあります。

基本的には免責事項について、「悪用させないための措置」であり、一般的な場合においては問題なく給付されるものでもあるため、不要に心配する必要はありませんが、予防接種など、一定の確率で副作用が出る可能性のある措置に関しては免責となる場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。中には特約として予防接種などでも保険が適用されると言ったものもあります。

また、保険内容や補償タイプの違いによっても免責事項が変わる場合があります。特に顕著なのが特定疾病に関するもの、入院、通院に関するものが該当し、保障タイプによっては受けられる保障と、そうでない保障の違いなども確認しておくことが大切です。また、通院には保障があるものの、入院の場合は半分しか保障されないと言ったケースなどもあるため、安易に保障タイプだけで保険を選ぶのも避けておきましょう。

資料から免責事項を確認する際、どのような条件に該当すると免責となるのか分かりやすく書いてある物を選ぶと言うことも大事ですが、それだけでなく、必ず担当者や窓口において詳細に確認しておく必要もあるかもしれません。保険の適用は非常に厳格に決められているものであり、せっかく万が一に備え、加入し、毎月の掛け金を支払っているにも関わらず、保険の適用が認められなかったと言うことでは話になりません。ペット保険の制度を悪用しないと言うことは当然ですが、「この程度でも免責となってしまうのか」などと言ったトラブルに繋がらないよう、加入前からの綿密な相談などが大切であるのは間違いないでしょう。



  • おすすめ

    • この日本での保険商品数は膨大です。生命保険は年齢によってもまた性別によっても保険の条件や保険料は違います。どのように生命保険を選択するのが正しいことなのでしょうか。社会の変化に合わせて保険会社はどんどん保険商品を増やしていきます。自分の保険をそんなたくさんの保険から選びます。保険ランキングや保険会社の評判で選びましょう
      相続の専門家に聞いたことがありれますか。相続が問題になったときに相談します。ファイナンシャルプランナー(FPが対応してくれる時もあります。相続手続きにも対応してもらえます。