ペット保険の入会金・年会費…ペット保険_petclub.jp


ペット保険の入会金・年会費

ペット保険の入会金・年会費

ペット保険の多くは共済に加入するタイプの物が多く、近年ではペット保険を専門で取り扱う保険会社が増えてきたものの、まだまだ獣医の団体などによる共済組合が多いのも事実です。この共済組合に入るには、各種動物病院やペットショップなどが運営するクラブ会員に加入することが前提になる場合もあり、ペット保険自体には毎月の掛け金のみの支払いとなりますが、クラブ会員に加入する際に入会金を支払う必要がある場合、年会費を支払う必要がある場合などがあります。中には共済組合に加入することで年会費が無料になる場合もありますが、ペット1頭に対してそれぞれ年会費を支払わなければならない場合もあるため、ペット保険の加入を考える際は入会費・年会費についても念頭に置く必要があります。特に共済は相互補助が基本原則であるため、多くの場合で入会日は無料でも年会費がかかる、逆に年会費は無料であるものの、年会費がかかる事もあるようです。

入会金・年会費ともに決して高額と言うわけではありませんが、ペット1頭に対してそれぞれで負担しなければならないと言った場合、多くのペットを飼っていると、それだけでも大きな負担となってしまいがちです。その分、十分に手厚い補償を受けることが出来るものが揃っているものの、少しでも負担を軽減するために、いくつかの取り扱い団体、ペット保険会社から資料請求などし、確認するようにしましょう。入会金や年会費なども、それぞれで運営されているクラブ会員に支払うのではなく、保険会社、共済組合に対して支払うことになります。

また、入会金のかかるタイプのペット保険であっても、キャンペーン期間などを利用すると無料になる、もしくは半額になるなどのサービスが適用される場合もあり、少しでも金額を落としたい場合はこのタイミングを狙うのもいいでしょう。ただし、ペットの数が1人の飼い主につき5頭までなどの制限がある場合もあるため、特に多くのペットを飼っている場合はそちらの規約も精査しておく必要があります。ペットの種類によっても掛け金だけでなく、入会金、年会費が変わってくるなどの場合もあるようです。

しかし、近年ではペット保険の認知度も高くなり、加入者も増えてきていることから、一般的な人間の保険と同様のしくみを導入するペット保険取り扱い会社、団体も増えてきており、加入条件さえ満たせば、入会金、年会費が無料になるものも増えてきています。また、規約の改正によって、これまではペット1頭に対して年会費がかかっていたものが、飼い主一人に対して年会費がかかるなどの変化も見えており、より充実したペット保険の恩恵を受ける体勢ができつつあります。取り扱いペットの種類も増えてきており、従来の犬、猫だけでなく、鳥類、爬虫類でも保険対象となるものが多くなっているため、後は各種動物病院での治療の際に保険適用病院であるかどうかの確認となってくるでしょう。



  • おすすめ

    • FPともいわれるファイナンシャルプランナーという専門家にあったことがありますか。自分にとってどのような生命保険の種類が結果的に問題がないのでしょうか。そんな判断のプロです。病気の心配・死亡の心配によってまた老後のため等どんな目的で金融資産や生命保険を確定させるのかを考えましょう。ファイナンシャルプランナーに合えればいいのですが。さがせば生命保険の無料相談に応じるFPもいます。