ペット保険の保険料 掛け金は…ペット保険_petclub.jp


ペット保険の保険料 掛け金は

ペット保険の保険料 掛け金は

ペット保険の加入を考える際、やはり気になるのが毎月の支払額、掛け金となるでしょう。ペットのための保険と言えども、やはり保険は保険であるため、毎月に支払い続ける必要があることから、どのような契約で加入するかなどもしっかり考えておきたいところです。ペット保険は大きく分けて3種類あり、治療費に対しての割合給付を行う「定率保障」、治療費に対して一定額を保障する「定額保証」、支払い上限内である限りは治療費の全額を給付する「実額保障」のいずれかを選ぶことになります。給付額が高くなるほど掛け金も高額になるため、ペットとのライフスタイルなどを勘案した上で決定するようにしましょう。

ペット保険の保険料は人間の保険と比べると安価に収まる場合がほとんどで、ほとんどは半額未満となっています。病気や怪我による治療費の全額が支給される「実額保障」や各種特約をつけるなどの場合は人間の保険に近い掛け金となっていきますが、ほとんどの場合で3000円未満で収まることが多いようです。中には1000円未満から始められるペット保険などもあるため、もしもの時の安全対策として加入すると言う方も多くなっています。

ただし、ペット保険の保険料の額は取り扱い保険会社、団体によって大きく違いがあり、加入条件にも一部差別化が見られます。生まれて間もない頃に飼い始めたペットの場合は初期の掛け金が少ないものの、10歳以上になるペットの場合は、通常の金額に上乗せすることになる場合もあり、特に9歳以上のペットは動物病院で診断書を貰う必要があるため、通常より若干高額になるかもしれません。しかし、最近では高齢のペットであっても保険加入が出来るようになってきており、万が一の事を考えると加入しておく方がメリットが多いというのは間違いありません。

しかし、ペット保険は人間の保険のように特約が細分化されている、条件が厳しいなどのようなことは少なく、少額の掛け金で大きな保障を得られると言うことがほとんどであり、保障内容に多少の差はあれど、1000円〜3000円未満でほぼ全ての保障を受けることが出来るようになっています。以降は掛け金が上がるなどと言った事もないため、加入後にトラブルに発展すると言うことはほとんどありません。

注意しておきたいのは、ペット保険の掛け金が安価だから加入してみたところ、実は最寄の動物病院では使えないペット保険だったと言う事もありえますので、保険会社を選ぶ際は、対応している動物病院についても確認しておく必要があるでしょう。また、資料などから見ることが出来る保険料についても、あくまで一般例である場合もあり、例えば小型犬、大型犬、中型犬などによっても掛け金が大きく変わる場合があります。また、一般であまり飼われていないペットの場合も掛け金を上乗せして支払わなければならない場合もあります。こちらも事前に資料を精査する、実際にペット保険を取り扱う会社、団体に問い合わせてみるなどし、確実に加入できる準備をしておきたいところです。



  • おすすめ

    • 生命保険では無料相談も可能です。コストパフォーマンスのいい生命保険を設計し組み立てていくことはすぐにできるようなことではありません。生命保険は死ぬまで払う金額の合計額では驚くほど多額なの保険料支払総額となるもので、また家族や自分の生活保障を確保するためのものなので決めるのに悩んでしまうのです。だから専門の保険プロに生命保険無料相談をしてもらっていい保険プランにするようにしましょう。無料で保険相談に応じるFPもいます。