ペット保険の種類と年齢は…ペット保険_petclub.jp


ペット保険の種類と年齢は

ペット保険の種類と年齢は

ペット保険の加入の際、条件として「健康体である」「飼い始めてから1年以内にワクチンを接種している」「過去一定期間に特定の疾病を患っていない」などを満たさなければなりませんが、さらに「保険適用内の年齢である」と言う事も条件の一つとなります。ペット保険を取り扱う会社、団体や、ペットの種別によって加入可能な年齢条件は変わってきますが、寿命に近い年齢の場合は加入できない場合もあるので注意が必要です。一般的には、犬の場合、生後60日〜120日から保険の加入が可能になっていますが、9歳以上になると、動物病院で健康診断を受け、診断書を交付してもらわなければ加入できない場合がほとんどです。年齢上限は動物の種類によって違いが大きくなる場合もあるので、各種保健管理会社、団体に問い合わせてみましょう。

また、ペット保険加入が出来るペットの種類も指定があり、一般的にペットとして飼うことが出来る動物であればほとんど加入することが出来ますが、金魚やメダカなどのような水棲動物には保険がありません。その他、介護、介助(介助犬や盲導犬など)を除く特殊な訓練(サーカスや芸、猟に関するもの)を受けた動物も保険に加入することができません。犬、猫に関しては問題ありませんが、鳥類、爬虫類に関しては取り扱っているところと取り扱っていないところと分かれるため、事前に資料で確認しておくようにしましょう。

ペット保険の種類については、大別すると3種類あり、治療費に対して一定の割合(30%〜70%)の給付金が下りる「定率保障」、治療費に対して決まった給付金を支給する「定額保障」、治療費に対して全額給付金が下りる「実額保障」があります。定率保障の場合は毎月の掛け金が安価になりますが、一定の治療費は自己負担となり、定額保証、実額保障の場合は毎月の掛け金が高額になりがちです。ただし、どちらの場合にしても限度額があるため、限度額を超過する場合は自己負担となります。毎月の掛け金は各種保険内容や管理会社、団体によって違いがあるため、一度数社の資料を請求し、比較してみることをお勧めします。

ペット保険は人間の保険と比べると年齢制限が緩やかになっており、健康状態が良好である限りは新規加入もしやすくなっています。加入可能な年齢の上限は各種保険会社、団体によって違いがあるものの、10歳前後まで可能となっていることが多く、更新も13歳〜15歳まで可能と言ったところが多くなっています。掛け金自体も人間の保険よりも安価に収まることがほとんどであり、1000円未満から加入することも可能になっているため、ペットを新しい家族として迎え入れる際は、是非ペット保険の加入を考えてみてもいいでしょう。また、数年に渡りペットとともに生活をしているものの、今後の怪我や病気の不安、安心してこれからの時間を過ごすことを考える際も、今のうちからペット保険について考えてみるのも、これからのペットとの生活において最良の方法となってくれるでしょう。



  • おすすめ

    • 入っている生命保険見直しは昔からとても難しい問題です。うまく生命保険商品を選べるかは生命保険について甘く考えないことです。後悔しないように解決するためにはあらかじめ考えておけば案外うまくいきます。生命保険の見直しの問題は正面から向かい合うことがいいのです。さがせば生命保険の無料相談に応じるFPもいます。