ペット保険の加入条件は…ペット保険_petclub.jp


ペット保険の加入条件は

ペット保険の加入条件は

ペット保険に加入するには、人間の保険と同様にいくつかの条件があり、全て満たすことで加入することが出来るようになります。その条件の一部は人間の保険と類似しており、「過去一定期間内に重大な疾病を患っていない」、「現在健康体である」ことが前提となり、「飼いはじめてから1年以内にワクチンを接種している」必要があります。ただし、条件を満たしていても、芸を覚えて直接収益を得ることができる能力を持つ動物(サーカス、興行用に訓練された動物、猟用に訓練された動物)などはペット保険に加入することは出来ません。介助、介護を目的に訓練された動物(介護犬、盲導犬など)は保険に加入することが出来ます。

現在は健康体であっても、過去に特定の疾病を患ったことがある場合、半年から1年間は保険に加入できない場合があるので注意が必要です。また、保険団体によっては、特定の疾病を患った過去があっても、現在完治していれば保険に加入することが出来る場合もあれば、一度でも患ってしまうと、通常では加入できないものもあります。このような場合は掛け金を割り増しにすることによって加入できるなどの条件が加わることがあるため、各種ペット保険を取り扱う会社、団体に確認するようにしましょう。特定の疾病にかかった後、現在は完治している場合であっても、それを証明する診断書が必要となるので、現在持っていない場合は再度動物病院にて診断書を請求しておきましょう。

ペット保険の加入は健康体であることが前提となりますが、案外忘れられがちなのがワクチンの摂取です。ペットショップで購入した動物であれば、ほぼ間違いなくワクチンの接種がされていますが、生まれたての動物を友人や知人から引き取ったりなど、ペットショップを経由していないと言った場合ではワクチンの摂取がされていない可能性もあります。法律上、ペットを飼う際にワクチンを接種しなければならないのは犬だけで、その他は必ずしもワクチンを打たなければならないと言うことはありません。しかし、ペット保険に関しては厳密になっており、動物を問わず必要なワクチンを必ず接種しなければ加入することは出来ないようになっています。しかし、保険の加入の有無に関わらず、大切なペットを少しでも安全に育てるためにも、ワクチンは接種しておくことに越したことはないでしょう。

基本的にペット保険では健康体であり、必要なワクチンの接種がされている、過去に重大な疾病にかかっていないと言う3つの条件を満たせば、ほぼ間違いなく加入することが出来るでしょう。しかし、ペット保険を取り扱う会社、団体によっては、それらを証明するための診断書の提出が必須となる場合もあるので、保険の加入を考える際、まずは最寄の動物病院にて診察を受けるようにすることで、確実に審査を通すことができるでしょう。また、保険の加入に関わらずとも、定期的に診断を受けることによってペットの状態が常に把握できるようになるため、万が一隠れた疾病の可能性があったとしても対処することができるはずです。



  • おすすめ

    • 学資保険はよくきく保険種類です。子ができたれば進められるのが学資保険です。子が社会に出るまでの期間のことを考えます。その費用を考えます。教育費をどうしたらいいのか。上級学校の入学に必要なお金を学資保険によって積み立てることが可能です。学資保険は比較してから度の保険かを決めましょう。
      FPのことを聞いたことがありれますか。この自分の生活にとってどのようにして契約するする生命保険が正しいのでしょう。そんなときに相談します。サラリーマンなのか自営業なのかによってそしてそれに加えて医療保障のため等どのような目的で金融資産や生命保険を選ぶかにより変わるのは当然です。FPやコンサルタントをネットで探しましょう。相続対策にも対応してもらえます。