ペット保険のしくみは…ペット保険_petclub.jp


ペット保険のしくみは

ペット保険のしくみは

ペット保険のしくみは人間の保険と全て同じと言うわけではなく、最も大きな違いとして、取り扱い団体が保険会社などではなく、動物愛護に関する共済団体などが主になります。ペット保険そのものが保険法に基づいているものではなく、あくまで民法の上で成り立つ保険であると言うことになります。そのため、人間の保険のように、管理会社、もしくは管理団体が倒産、破綻した際にこれまでの支払いが保障されるということがありません。ただし、近年ではこの問題に対しても対処が出来るよう、再保険と言う形を提供しているところもあるため、リスクのある保険と言うものでは決してありません。

ペット保険は動物病院やペットショップなどで取り扱われていることが多く、日本国内においてはペット保険自体が保険法に基づいているわけではないことから、通常の保険会社での取り扱いはありません。しかし、近年ではペット保険を主とした損害保険会社も増えている傾向にあり、特に動物病院などで多くの資料を見つけることが出来るようになっています。

これまではペットの治療費は高額になりやすいとは分かっていても、その需要の少なさや、医療に関する諸問題から、あまり重要視されているものではなく、認知度自体もほとんど無いと言っても過言ではないほどのものでした。しかし、ここ数年続くペットブームにより、ペットの医療に関する問題が大きくなってきたこと、動物病院などでも相談事例が急速に増えてきたということもあり、再びペット保険の存在感が増してくるようになり、保険内容の充実、ペット保険を主とした取組を行う共済団体などが増えてきました。それに伴った認知度も高くなり、加入者も増加傾向にあります。

本来、動物医療は全て保険適用外であり、人間の医療で言うところの「自由診療」と同等の扱いになります。そのため、ペットが大きな病気になった、今後の生活において支障を伴う重大な障害を負う事になってしまったと言う場合、膨大な治療費がかかりがちであり、やむを得ず保険所などに連れて行かなければならなくなってしまったと言う事例が多くありました。しかし、ペット保険に加入することにより、加入者同士の相互扶助によってペットであっても治療費を大きく安価にすることが可能になります。取り扱い団体にもよりますが、ほとんどの場合で全国の動物病院において保険適用を申請することが出来るようになっており、万が一のトラブルにおいても対応することが出来るようになっています。

ペット保険に加入することにより、それぞれの会社、団体からペット保険の証明書が配布されます。ペットを動物病院に連れて行く際は、この証明書を提示することにより保険が適用されるようになります。支払いの負担金に関しては加入するペット保険の形態によって違いがあり、支払額の一部が保険として支給されるもの、半額や、範囲額内であれば満額の支給などがあり、それぞれにおいて毎月の支払額が変わってくる点は人間の保険と同様となっています。



  • おすすめ

    • 医療保険はよくきく保険種類です。保険会社の生命保険の一種です。何らかの原因で入院等したときに給付金が支払われることになっているものです。病院へ払う費用があります。その給付金でまかなえます。医療保険のことを学びましょう。
      学資保険は生命保険会社の商品です。人の親になったら考えてしまう保険にこの学資保険があります。子供は学校を進級していきます。お金の備えが必要になります。多額の教育費を意識しないといけません。その教育費の一部を学資保険で用意しようと思います。ネット保険の比較をするとその差がよくわかります。